未分類

適度に相手の目を見る

By on 2017年12月13日

女性適度に相手の目を見ることが、お見合いパーティーでモテるためのコツです。相手の目を見るのが恥ずかしい場合は、見るのは目と目の間にするといいでしょう。アイコンタクトは効果として信頼を高めることが期待できると言われていますが、お見合いパーティーの場合でも大切です。お見合いパーティーの場合には、見つめ続けるのはおすすめではありません。2人だけの場合に見つめ続けられれば、少し恐ろしいものです。驚いたり、あいづちを打ったり、笑ったりしながら、適度に相手の目を見るといいでしょう。どうしても、相手の目を見ることが得意でない場合は、目と目の間だけでなく、相手の鼻を見るのもいいでしょう。

お礼をメモするよりも優先することが、お見合いパーティーでモテるためのコツです。そして、メモのタイミングは話が終了するタイミングでもあります。メモすることに夢中になり、下を向いたまま相手の顔を見ないで移動するような人がいます。そうすればイメージは台無しになるため、必ず、移動する場合には、にっこり目を見て笑って、お礼を言うようにしましょう。女性の場合は、お礼を言う時に席を立てばイメージがさらに良くなります。特にいいイメージの異性の場合には、一言ありがとうと言うといいでしょう。

未分類

お見合いパーティーでモテる

By on 2017年12月12日

リボンお見合いパーティーでモテるためのポイントについてご紹介しましょう。守っていなければほとんどモテることができないというようなポイントが、お見合いパーティーの場合にはあります。逆に言えば、このポイントを守っていると、ある程度モテるようになります。いいイメージを植えつけることができるポイントは、最も笑顔が大事ということです。当然のことですが、笑顔は大事であり、最初のイメージを決定してしまいます。出会った時には、まず笑顔にしましょう。楽しくないにも関わらず、笑うことができないというような人がいますが、笑う場合に声を出す必要はありません。会えたことそのものを楽しんでいる、ということを伝えるようにするといいのです。にっこりと顔を合わせた時にするということが、それからの2人の雰囲気をやわらかくしてくれます

いいイメージを植えつけることができるポイントは、体であいづちを打つことです。しっかりと自分は話を聞いていることを、言葉のみでなく体で表しましょう。そうなのですねというようなあいづちを、言葉のみでなく、うなずきならがらうんうんと、軽く首を動かすくらいではなく、大きく頭が上下する程度にうなずく方がいいイメージになります。このように単純なことですが、話をする人からすれば、無意識に相手が興味を示してくれているということを感じやすくなります。本サイトでは、適度に相手の目を見るどんな人がモテるか短所にとらわれすぎない、についてご紹介します。